賃貸 訳ありについて

不動産賃貸契約における訳あり物件

訳あり物件とは、瑕疵、欠陥がある不動産のことです。
物理的瑕疵、法的瑕疵、環境瑕疵、心理的瑕疵などがあります。
物理的瑕疵とは、雨漏り名の建物の血管シロアリ被害、立地条件の極端に悪いものを指します。
法的瑕疵とは、建築制限、法令上の制限に引っかかるものを指します。
環境瑕疵には、極端な電車の振動、日照被害などがあります。
そして賃貸物件を探す上で、特に発見しづらいのが心理的瑕疵です。
過去に殺人事件があったり、自殺者や事故死者が出ていたりする物件です。
物理的法令上の問題がなくても1住人の心理に影響を及ぼすためです。
事故物件と言われることもあります。
ただし宅地建物取引業法により事故物件には瑕疵内容について説明を行う告知義務があります。
そのため、見た目にはわかりにくい事故物件ですが、回避することは難しくありません。
しかし心理的瑕疵が発生してから何年も経っていたり、新しい入居者との間の期間に何人も入居者がいたり、瑕疵物件とされる要素が薄れている場合、告知義務ががなくなる可能性もありますので注意しなければなりません。

Copyright© 賃貸 訳あり All Rights Reserved.

不動産賃貸契約における訳あり物件
賃貸 訳あり